NEWS

外国人観光客増加のメリットは?インバウンド消費が及ぼす影響

2019.02.27

外国人観光客増加

外国人観光客の推移~増加の理由とは~

街を歩いていると、以前よりも「外国人観光客が増えている」と感じるのではないでしょうか?

その感覚は間違っておらず、日本政府観光客の統計では、2017年の訪日外国人の累計が28,691,073人と、過去最高を記録しました。

訪日外国人数は2011年以降、右肩のぼりに増加しています。

また、2017年のデータを国別に見てみると、中国が7,355,818人と最も多く、続いて韓国が7,140,438人、台湾が4,564,053人、香港が2,231,568人と、アジア圏からの訪問が大多数を占めていることが分かります。

このように外国人観光客が増加している裏側には、どのような理由が隠されているのでしょうか。

外国人観光客が増加した理由① 中国の好景気

日本に訪れる外国人の中で、多数を占める中国籍の方々。

2010年の、中国のGDPが日本を超えて世界2位になったというニュースは、記憶に残っているかもしれません。

経済的な余裕が生まれることで、結果的に、日本のような決して物価の安くない先進国で観光を楽しむ余裕も生まれました。

また中国のみならず、リーマンショック以降、アメリカの経済も成長が見られ、世界的に見て好景気であったことも挙げられます。

外国人観光客が増加した理由② 円安

アベノミクス以前の2011年には、1ドル78円と円高でしたが、現在は110円程度となりました。

これにより、外国の通貨から円への換金がお得に感じられ、日本への観光旅行の敷居が低くなったとも感じられるのでしょう。

外国人観光客が増加した理由③ 政府の外国人受け入れ促進

政府の取り組みとして、「2020年、訪日外国人旅行者を4000万人に」というものがあります。

具体的な取り組みとしては、交通機関の多言語化や、フリーWifiの整備、民泊や観光ガイドなどの法改正が挙げられます。

また、2017年には、中国人観光客向けにビザの緩和も実施されました。

外国人観光客増加のメリットとは?

日本は少子化問題を抱えており、将来的に見れば、日本国民による消費額は減少していくことでしょう。

直実に増えている外国人観光客をターゲットに行う、インバウンドのビジネスのメリットとしては、日本国内の消費額を増やすことが挙げられます。

少し前には、中国人観光客の爆買いが話題になりましたが、これによって日本の消費額は増えました。

また、国の経済へのメリットだけではなく、ひとつの企業や自治体としてインバウンドに取り組むことにも、もちろんメリットがあります。

今後も外国人観光客の増加が予想されるので、成長の可能性が大きいビジネスだからです。

インバウンドのビジネスを始めるのなら、競合の少ない今が最良のタイミングと言えるかもしれません。

 

最近の記事

カテゴリー