Pointblank Promotions logoPointblank Promotions logo

NEWS

コスメのオーガニック認証って?【英国に化粧品を輸入するには】

2021.09.14

前回の記事「イギリスのコスメ事情。日本製の無添加化粧品に輸出のチャンス到来?」を読んで頂き、英国進出に興味が湧いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

英国に化粧品を輸入するにも、食品と同様、規制や揃えるべき書類がいくつかあります。いつか英国でも化粧品を販売したいけれど規制をクリアしているのか不安、どんな書類が必要なのか分からないという方のために基本的な情報を簡単にまとめました。

英国に化粧品を輸入するには?「EC規則」を知っておこう

英国では、欧州諸国の化粧品規則の統一を目的に定められた規則であるEC規則No.1223 / 2009に基づき、化粧品の供給・販売を規制しています。成分規制や責任者、主なラベル情報などが定められており、この規則に基づいた手続きをする必要があります。

化粧品の定義とは

「化粧品」とは、人体に塗布することを意図した物質または混合物であり、洗浄、芳香付け、外観の変化、保護、身体または身体の一部を良好な状態に保つこと、体臭を良くすることを目的とするもの、と定められています。

※ アロマテラピー製品は、使用目的に応じて「医薬品」か「化粧品」、あるいはこれらのいずれでもない場合があります。

化粧品の成分規制について

EC規則No.1223 / 2009では、人の健康に害を及ぼす可能性のある化粧品や禁止物質を含む化粧品を供給することを違法としています。当規則の「付属文書Ⅱ」には成分規制の詳細が記されており、化粧品への配合が禁止されている成分や配合が可能な色素・防腐剤・紫外線吸収剤などがまとめられています。動物実験された完成品または成分の配合、成分を持つ化粧品も制限されているので注意が必要です。

他には、化学物質の規制を定める「CLP規則(EC No.1272 / 2008)」「REACH規則」があります。CLP規則とは、物質および混合物の分類・表示・包装に関する欧州規則で化粧品は対象外。しかし、REACH規則は化粧品に含まれる化学物質も対象となります。

英国に拠点を置く「責任者(Responsible Person)」とは

責任者とは、すべての化粧品に対して、割り当てられる英国に拠点を置くメーカー、輸入業者、委任された個人のこと。責任者は英国で化粧品を販売する前に、英国の化粧品製品届出サービスを使用して英国の関係当局に定められた情報を提出する必要があります。

また、製品情報ファイル(Product Information File: PIF)は、化粧品の最後のバッチが英国で供給・販売された日付から、責任者が10年間保存することになっています。

「SDS」とは?【化粧品を英国輸入する際に必要な書類一覧】

1. 安全データシート(SDS:Safety Data Sheet)

SDSとは「安全データシート」のことで、欧州化学機関(ECHA:European Chemicals Agency)が定めた商品の安全性を示す書類。有害性のおそれがある化学物質を含む製品を他の事業者に提供する際に、製品の性状や取り扱いに関する情報を提供するために必要となります。旧安全データシート(MSDS:Material Safety Data Sheet)と同様、通常は製造元が発行することになっています。

2. IFRA49

材料や製造プロセスが業界標準に準拠していることを保証するために用いられる、製造元が作成する書類です。 IFRAとは「International Fragrance Association(国際香粧品香料協会)」の略で、香料の規則をつくっている組織の略称。IFRA49項目は2020年1月に見直された基準であり、この基準に沿ってフレグランス(香料)をどれだけ使用して良いかなどをチェックすることができます。香料の入っている商品はカテゴリー別に分かれており、カテゴリー毎にフレグランス使用量が変わります。

3. 分析証明書(COA:Certificate Of Analysis)

輸出する製品のテスト結果の書類。

4. 化粧品アレルゲン証明書(Cosmetic Allergen Certificate)

アレルギーに関する書類。使用制限のあるアレルゲン製品は26種類あり、使用禁止の原料を使っていないかの確認が必要です。また、アレルゲンは製品のラベルに表示する義務があります。

※ 製品によってはこの他にも書類が必要になってくるかもしれません。実際の輸入時には専門機関にお尋ねください。

オーガニックコスメに認証は必要?「コスモス」「エコサート」とは

化粧品業界で世界的に認められた「COSMOS(コスモス)」基準

オーガニック化粧品と名乗るためには、第三者機関の定めた認定が必要です。欧州には、世界統一基準を目指して設立されたCOSMOS基準があります。COSMOSとは「COSMetic Organic and Natural Standard(オーガニック・ナチュラル化粧品基準)」の略。

元々、オーガニック先進国であるヨーロッパには、各オーガニック認証機関による統一されていない基準がありました。しかし、オーガニック市場の拡大に伴い、EUとしてより影響力を持った統一基準を作ろうという動きが起こり、ヨーロッパの5つのオーガニック化粧品認証機関によってCOSMOSが設立され、2012年から運用が始まったのです。

現在は、オーストラリアや韓国、トルコの機関も加えた11のCOSMOS認定認証機関が存在しています。

また、当基準には、「COSMOS ORGANIC(コスモス オーガニック)」と「COSMOS NATURAL(コスモス ナチュラル)」の2種類の認証が設けられており、後者では一部に石油由来成分の使用が可能なものもあります。

COSMOS認定認証機関の1つ「ECOCERT(エコサート)」

オーガニック化粧品とともによく耳にする「エコサート」ですが、これはCOSMOS認定認証機関の1つであるフランスのトゥールーズを本部とする国際有機認証機関のことです。日本にも支社があります。ちなみに、英国の機関は「Soil Association(英国土壌協会)」。

認証された製品には認証機関のロゴ下に「COSMOS ORGANIC」などの文字が加えられたロゴがついているため、オーガニックやナチュラルに拘る消費者に選ばれやすくなっています。

化粧品輸入でビジネスチャンスを

英国に化粧品を輸入するには様々な規制をクリアしなければなりませんが、これはすべて消費者の安全のためです。今後ますます需要が高まると思われる、ナチュラルイメージを持つ日本の化粧品を海外の人にも愛用してもらうために、様々な規制を乗り越えてビジネスを拡大してみませんか?

次回は、オーガニック・ナチュラル化粧品に関連し、新たな美容業界のトレンドと言われる「クリーンビューティー」についてお話します。

Yasuko

最近の記事

カテゴリー