NEWS

マーケティング歴史
70年代~2018年まで「マーケティング40年の歴史」を振り返って

「マーケティングの起源はいつか?」という問いには、おそらく答えがありませんが、「マーケティングの黄金時代はいつか?」という問いに対しては、「70年代だろう」とい

インフルエンサー
最近浮上した「インフルエンサーマーケティング」今後のトレンドは?

ここ最近の2~3年にも満たない期間で、突如、頻繁に使われるようになった言葉のひとつに、「インフルエンサー」が挙げられます。 また、企業がそれらの著

Meetoo
#MeToo後のカンヌ広告祭。適切なジェンダー表現の向こう側に…

6月18日から開催された、2018年のカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(カンヌ広告祭)では、「#MeToo」運動の流れを経て、広

emoji
海外でもすっかり定着した「絵文字Emoji」の意外な需要とは?

海外でも使われている日本語は、「Sake」「Karaoke」「Kawaii」など、思いつくものを挙げていくと、意外に多くあることが分かるでしょう。 Goo

須藤本家
「須藤本家」の生酒をロンドンで。日本の歴史を味わう試飲会

6月18日に開催されたジャパンセンター主催の試飲会では、茨木県の酒蔵「須藤本家」の生酒などを味わうことができました。 生酒とは、製造や出荷など全て

リアル ネット
「リアル店舗とネットの融合」は簡単じゃない?小売り業がハマる落とし穴

前回の記事(食品もオンラインで買いたい?スーパーマーケットのEコマース化の課題)では、イギリスが世界で一番オンラインショッピングの利用率が高い国であることをご紹

supermarket
食品もオンラインで買いたい?スーパーマーケットのEコマース化の課題

アメリカのeMarketerによる調査では、昨年2017年の小売り販売額におけるEコマースの販売率は、イギリスが1位で16.9%を占めました。続いて中国が15.

SNS疲れ
SNS疲れを克服した若者から学ぶ?SNSマーケティングのこれから

イギリスで2011年から放映されている人気のSFドラマ「ブラックミラー」のエピソードひとつに、俗に言う「インスタ映え」をシニカルな視点で捉えたような、「

フェイクニュース
退屈な現実よりも刺激的なニュースを。「白い嘘」か「真っ赤な嘘」か

日本では「嘘つきは泥棒のはじまり」という諺もあり、「嘘=悪」だというイメージがあります。 しかし英語では「White lie」という、「罪のない嘘

body shop
多くのブランドが気付かない「低コストで有効」な宣伝方法とは?

「低コストで有効」な宣伝方法と聞くと、SNSやブログを使う、メールマガジンを配信するなど、今ではどこのブランドも使っている方法が最初に思い浮かぶのではな

広告 誤解
自然食品とは何なのか?「誤解を招く広告」が企業に与えた弊害

ここ数年は、世界的に自然食品やオーガニックの食品に注目が集まっており、ファーストフードチェーンでさえも、自然派志向の企業が伸び、そうでない企業も自然派を

ファム・ファタール
「ファム・ファタール」的な女性は経営者に向いているのか?

「ファム・ファタールなセレブ」や、「どうしたらファム・ファタール風になれるか」など、女性向けメディアで特集されているのを見かけ、「ファム・ファタールとは