Case Studies

Rakugo Project

落語家・桂三輝のプロデュース

海外でまだ認知度があまり高くない「落語」をSUSHIやKARATEのように、「RAKUGO」としてグローバルに広めることを目指しブランディングを行う。
ロンドン・ニューヨーク・エジンバラ・フランス公演での、マーケティングやプロモーションなどをはじめ総合プデュースも担う。
イギリスの若手ユーチューバーを起用したプロモーションビデオの制作など、古典芸能としての「落語」という認識のない海外の若者たちが、思わず「公演に足を運びたい」と感じるようなキャッチーな方向性でブランディングを行う。

海外進出を志す日本企業とのコンサルで培った経験を活かし、
現地のニーズに合ったブランディングに重点を置く。
現地のテレビ番組出演などのPR活動、タクシーや地下鉄の広告、SNSを使った集客、
アワードを使った広告などのオンラインマーケティング、
そこからどのようにマネタイズするかまでを一貫したコンサルタントを行った上で、
それに適したプロデュースを行う。

Guilty Noodle

食とアートの実験的コラボレーション

ロンドン市内オールドストリート駅の構内に、期間限定のヌードルバーをオープン。
最先端の流行にアンテナを張っている若者の街に、まだまだ海外ではそれほど認知されていない日本のカップ麺を普及させようという、今までにない切り口の「日本文化の普及」にチャレンジする。新しい切り口であるがゆえに、ターゲティングやブランディングが肝となった。
サカクラカツミと桂三輝をアンバサダーとして起用し、 企画そのもののプロモーションと、弊社プロデュースのアーティストのプロモーションの両方を兼ね備えたプロジェクトとなった。

オールドストリート駅構内のヌードルバーの様子

ロンドン・ファッションウイークでのプロモーション

Promotion Movie

食生活が規制がされ、インスタントヌードルを食することが禁止されているという、仮想の近未来の設定。
イギリスらしいシニカルなストーリー展開となった。
期間限定のバーでは、無音でムービーを流し続け、プロモーションを兼ねつつ、クールな店内を演出した。

サカクラカツミと桂三輝による
エジンバラフリンジとウエストエンド公演

ロンドンの中心に位置するウエストエンドのレスタースクエアの公演では、初公演にもかかわらず、400人の劇場は満員御礼の大盛況となった。
2018年にはニューヨーク公演も予定している。

MIKIMOTO

真珠の販売に関して世界一のシェア

ヨーロッパと中東の顧客に向けた、オンラインマーケティングを行う。ブランドの位置づけをしっかりと確立し、崩さないよう富裕層をピンポイントで狙ったブランディング、マーケティングをする。
MIKIMOTOロンドン支店のショーウィンドーのディスプレイの管理も行う。

eho chef

シェフのデリバリーサービス

自宅でプライベートにプロのシェフの料理を楽しめるという、画期的な「シェフのオンラインハイアーサービス」。
コンサルティングの上、多くの人に親しまれる明るいブランドイメージへと軌道修正を行う。
それに伴い、ブランディングカラーやロゴの変更を弊社を通し行った。ロゴデザインも弊社で手掛ける。

イギリスの20代のユーチューバーを起用したプロモーションビデオ。
オンラインを使ったサービスゆえに、ユーチューバーの起用は、SNSでの拡散も起こり、効果的でスムーズな集客となった。