Pointblank Promotions logoPointblank Promotions logo

NEWS

イギリスに食品を輸出するには?【英国の食品輸入規制】

2021.08.10

食品規則とは、安全でない食品から消費者を守るために、食品の安全性、トレーサビリティ(食品の移動を把握できること)、適切なラベル・情報表示を規定するものです。食品の中には規則によって規制されているもの、つまり輸入禁止・停止されているものや制限のある品目があったり、「衛生証明書」「原産地証明書」などの証明書が必要な品目があったりします。

規則は輸入先の国によって違うため、日本国内で販売できているものでも、その国の規則を満たし規制に適合していなければ輸入することができません。事前に確認することや用意しておくものがたくさんあるのです。

では、英国に輸入する場合の食品規則はどのようなものがあるのでしょうか。主なものを簡潔にまとめました。

予め知っておきたい、英国の主な「食品輸入規則と販売基準」

食品規格

それぞれの品目に様々な規格があります。例えば、「かんきつ類」では品質が3種類の等級に分類され、形や色合いの欠陥に関してなど細かく定義されています。

食品衛生基準

英国が求める衛生基準などとの同等性(輸出国と特定の合意がある場合はその合意事項)を満たす必要があります。「衛生証明書」がなければ輸入できないものも。

残留動物用医薬品・残留農薬

食品によっては、輸出認定を受けた加工施設などの事業者は、モニタリング計画および実施要領に従い残留動物用医薬品、天然毒素、微生物学的汚染物質、化学的汚染物質農薬や残留動物用医薬品などのモニタリング検査の実施が必要な場合があります。

重金属・汚染物質

食品カテゴリーごとに含まれる汚染物質には上限値の規定があります。ここでの「汚染物質」とは、食品の生産・製造・加工・調理・処理・包装・梱包・輸送・保管などのプロセス、または生育環境に由来して食品中に存在する物質のことを言います。

食品添加物

食品添加物ごとに「使用可能な食品カテゴリー」「許容含有量(定められていない食品添加物もある)」が定められています。

食品接触物

食品用の容器・包装、調理器具や食品製造機械、食品輸送用のコンテナなど、食品と接触することが意図されるあらゆる素材・製品について規定されています。

健康被害を引き起こしてはならない、食品成分に許容できない変化を引き起こしてはならない、食品の味・香り・食感などを劣化させてはならないなど。

販売基準

生鮮野菜と生鮮果物、家禽肉、卵などのように販売基準がある品目があります。

パッケージとラベル表示

すべての包装された食品には、特定の必須情報を表示する食品ラベルが必要です。食品のラベルとパッケージに記載しなければならない情報は、アレルゲン情報や栄養成分表示など。

ボトルウォーター、パン・小麦粉、ココア・チョコレート製品などの特定の食品は、製品固有の規制によって管理されています。

動物製品と植物製品の検疫と登録

動物由来製品(POAO:Products Of Animal Origin)には、原産国が発行した衛生証明書が必要となり英国国境管理施設で検疫を受けることになっています。

植物・植物製品では、種子を含むほぼ全ての植物に植物検疫証明書が必要。一部の植物はPEACH(Procedure for Electronic Application for Certificates)システムに登録し、事前に英国動植物衛生庁(APHA)に通知する必要があります。

また、英国では加工された動物性食品と植物性原材料の両方を含む食品を「混合食品」と定義し特別な規制を設けているため、混合食品かどうかも確認しておきましょう。例えば、焼きベーコン、野菜、ピザ生地を同時に焼いたものは「混合食品」ですが、玉葱と牛ひき肉が一緒に入った缶詰は「加工済み動物性食品」となります。

輸入ライセンス

農産物の輸出入には、牛肉・豚肉・鶏肉製品や麻などのように製品の種類と輸出入量によってライセンスが必要な場合があります。輸入ライセンスには、「輸入ライセンス(関税全額)」と「輸入関税割当ライセンス(関税減免)」があります。

規制の有無を確認してから輸入を進めましょう

海外進出を進める前に、自社の製品に禁止成分・素材が含まれていないかなどの詳細を把握し、輸入先の規則を満たしているかどうか確認しておく必要があります。ラベルにおいても、日本で使用していたものを英語に訳すだけでなく、情報を追加しなければならない場合もあるでしょう。

輸入の流れを簡潔に言うと、まずは食品の品目を定め、それが規格内か、輸入規制・食品関連の規制がないか調べます。あればそれに従い食品の状態を規定に合わせ、必要書類・ライセンスなどを揃えるという流れになります。関税などの必要な費用を調べる必要もあります。

規則は製品によって細かく違ってきますし法律に基づき変更されることもありますので、実際の輸入時には専門家にご相談ください。

弊社では、サステナブル製品の輸入サポートや海外向け広告プランニング・プロモーションなどを行っています。輸入についての詳細やその他のご相談は、ページ下の「お問い合わせ」より承っております。

 

参考:
JETRO日本貿易振興機構(ジェトロ)「輸出に関する制度 英国(農林水産物・食品)」 https://www.jetro.go.jp/exportguidetop/exportguide/europe/uk/foods/

英国政府「輸出入におけるマーク添付・ラベル表示・販売基準」
https://www.gov.uk/government/collections/marking-labelling-and-marketing-standards-for-imports-and-exports

Yasuko

最近の記事

カテゴリー